2015/03/18

久しぶりです。約一年ぶりの更新です。
日々の生活が忙しくNexus 5のレビューをしようしようと思っていましたが、今ではもう気づけば発売終了になってしまいました。なので、もうレビューはせずに今回はバッテリーの消費が激しいNexus 5のバッテリーを持たせるために私の行ったことを書いていきたいと思います。


まず最初に


行ったことというのは本当にだれでもできる簡単なことからrootを取得しなければできないことまで行いました。rootを取得しなければできないことは当然、操作を誤ってしまうと端末が故障してしまうことがあるので行う場合は自己責任でお願いします。
また、この記事に書いてあることはほとんどのAndroid端末にでもできるので、Nexus 5以外でもバッテリーの消費が激しいな~と思ったら是非やってみてください。

 簡単に電池持ちを良くする方法


 非rootでは少ないですが3つありました。

 1) 使わない時はGPSやBluetooth、NFCなどを無効にする




GPSは地図アプリで自分の場所を把握することができ、Bluetoothはコード無しでヘッドセットやキーボードに接続でき、NFCは一瞬でBluetoothのペアリングをしたりデータを送ったりすることができてとても便利ですよね。
ですが、GPSやBluetoothやNFC、あとWi-Fiは自分が使っていない時も常に待機し続け電池を消費します。なので出来る限り使わない時は無効にしましょう。
ただし、Google Nowを利用していて現在地情報に基づいて表示されるカードを有効にしている場合、一定の周期でGoogleアプリが現在地情報をサーバーに送信しているので、現在地情報(GPS)を有効にしていた方がバッテリーが持ちます。(参考)
無効は設定アプリやクイック設定パネルから行えます。


2) バックグラウンドで起動しているアプリを終了させる



メールやLINEって着信があればすぐに通知をしてくれます。それは起動をしていなくても常に裏(バックグラウンド)で通信や処理をしているからです。なので別に裏で通信や処理をしなくてもいいアプリは終了させてしまいましょう。
アプリの終了は"設定アプリ→アプリ→実行中"から終了させることができます。他にスマートなタスクマネージャのようなタスクマネージャアプリからでも終了させることができます。また、Greenifyのように画面消灯時に自動的にアプリを休止させる(非rootユーザーの場合)アプリもあります。



3) Googleの一部の機能を無効にする


これはAndroidのあらゆるところに散りばめられているのでとても面倒です。


まず不要な内蔵アプリの同期設定を見直します。"設定アプリ→アカウント→Google"から自分のGmailアドレスが表示されている所をタップすると、同期するものを選択する画面が出てきます。ここで"ニュースと天気"のように同期しなくても良さそうなものがあるので、そのようなものはチェックを外しておきましょう。



次にオプトアウト設定を行います。オプトアウト設定はGoogleの検索履歴などからユーザーにあった広告を表示する機能を無効にものです。(詳細) "設定アプリ→アカウント→Google"の画面に戻り広告をタップし、"インタレストベース広告をオプトアウト"をONにします。




次にバックアップ機能を無効にします。"設定アプリ→バックアップとリセット"からデータのバックアップをOFFにします。PCでadbバックアップをしている人やTitanium Backupを利用している人は必要がないと思うので必要がない人だけ無効にしましょう。



次にGoogle Playのアプリの自動更新を無効にします。これを有効にしていると常にアプリが最新の状態になり便利ですが、知らない間に勝手にPlayストアからアプリの更新がないかを確認してインストールしている訳なので無効にしてしまいましょう。"Playストア→設定"からアプリの自動更新を"アプリを自動更新しない"にしましょう。また、通知もいらない場合は通知のチェックも外しておきましょう。




次に多分Googleのサーバーに送信されているであろう使用履歴を送信しないようにします。"Google設定アプリ→アカウント履歴"から自分に必要ないものを無効にします。



更に細かい所をいじって電池持ちを良くする


正直非rootの方法ではあまり効果がありません。以下の方法は効果はかなりありますが、端末が故障する可能性があるので本当に自己責任で行ってください。

1) 特定のバージョンのradioを書き込む



radioとは通信関連のファイルでシステムアップデートをするたびに新しくなります。しかし、バージョンによって電波のつかみが悪くなっていたりして無駄にバッテリーを消費する場合があります。 なので、バッテリー持ちの良いradioを焼きましょう。Nexus 5の場合Android 4.4.0~4.4.2, 5.0~5.1のradioがバッテリーの消費が激しくないものらしいので好きなものを焼きましょう。また、radioを焼く際フルワイプをしなければいけないので気をつけてください。(参考)


2) カスタムROMを使用する


カスタムROMの何がいいかというと、やっぱりGoogleが気付かなかったバグが修正されていたり独自の機能がついていたりするところです。特にLollipopではメモリリーク問題があり、アプリを終了したつもりでも再度アプリがバックグラウンドで起動していたりということがあります。この問題が起こらないようにするには今はカスタムROMを入れるしかないようです。でも、PurityやParanoid Androidなど、カスタムROMでもいろいろなものがあって困りますが、カスタムROMの機能を調べて自分あったものを入れてみてください。私のおすすめはCyanogenModです。CyanogenModは日々たくさんの人がバグを修正をしたり機能を追加したりするのでとても快適です。

3) カスタムカーネルをいれる


これは普段AndroidでゲームやCPUに負担のかかるアプリを使わない人に有効です。カスタムカーネルはCPUガバナーI/Oスケジューラーを変更して自分の使用加減に合わせて処理の仕方を変更させることができるものです。 しかしある程度の知識がないと電池持ちをよくできません。私自身もあまり理解していないので説明できません。なので他のブログさんやXDA-Developersを見てやってみてください。ちなみに私のおすすめのカスタムカーネルはHybrid Kernelで、おすすめの設定はまたいつか記事にしたいと思います。

まとめ


これらの設定で私はスリープ時0.2%/hまでバッテリーの消費を抑えることが出来ました。これらの設定を行ってもバッテリーの消費が減らない場合は素直に他のスマートフォンに乗り換えるか、バッテリーの交換をしてください。




Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

Contact

何かをするブログでは皆様の質問を受けております。

メール:do_something@live.jp

ブログ内容の質問、相互リンクの登録全て受け付けています!
このメールアドレスはiMessegeでもいけますのでドシドシご意見お願いします!

Popular Post

Powered by Blogger.

- Copyright © 何かをするブログ - Metrominimalist - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -