2012/09/01

iPodにSiriをインストールしてみたものの重くて使いものにならないので高速化してみました。


高速化するといってもねぇ~と思いますよね。でも、特定のアプリを削除すると早くなったりします。
なので今回は高速化をするために必要な3つの方法をお教えします。

1.WinterBoardなどを削除する。


なんかショボイ・・・
"などってなんだよ"と思うと思いますが、要はSpringBoardに関係するバックグラウンドで動いているものです。

アプリ名をあげていくと長いので省略しますが、DashBoard XやWinterBoardとかのことですね。そんなのいっていたらSBSettingsだってそれに当たります。

まあ必要最低限を残さないと改造した意味が無くんるんですけどね・・・








2.広告を消す。


アプリの起動を早くする。
この記事を参考にさせて頂いたのですが、iFileなどのファイルブラウザから以下のファイルを消すとApple独自の広告iAdを無効化させることができるそうです。

  • AdSheet.app           /var/stash/Applications内
  • com.apple.AdSheetPhone   /var/mobile/Library/Caches内
  • AdSheet.axbundle        /System/Library/Accessibility Bundles内
  • AdSheet             /Library/Application Support内
Googleで検索するとこんなのも出てきました。
とりあえずiAdのつくフォルダを削除すると消せるようですね。しかし、Googleの広告を使ってるアプリは消すことができないので注意してください。


3.iLightfulやiMemoryalをインストールする。


iLightfulはカーネルの最適化、iMemoryalは仮想メモリの拡張をしてくれます。
これらをインストールするだけでかなり変わります。
また、インストールしたあとに再起動しSBSettingsなどでメモリーを解放すると更に効果が上がるので試してみてはいかがでしょうか。

まとめ


どのくらい早くなったのか映像でご覧ください。



どうです?試してみてはいかがでしょうか。
それでも遅かったら復元でもしてみたらいかがでしょうか?

Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

Contact

何かをするブログでは皆様の質問を受けております。

メール:do_something@live.jp

ブログ内容の質問、相互リンクの登録全て受け付けています!
このメールアドレスはiMessegeでもいけますのでドシドシご意見お願いします!

Popular Post

Powered by Blogger.

- Copyright © 何かをするブログ - Metrominimalist - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -