2012/08/03

非推奨な方法のため保証はできません。
しかし、チャレンジャーなあなたはやって見ませんか?

iOS 6 Betaをデベロッパーアカウントなしにアップデートしてはいけない。

そもそもなぜデベロッパーアカウントがいるのかと言いますと
開発者たちがiOS 6向けにアプリ開発を行うためです。
開発者は年会費を払ってデベロッパーアカウントを取得し、 所有しているiOSデバイスのUUIDを登録しアップデートを行なっています。
なので普通の人はアップデートするとエラーが出るようになっています。(↓)

iOSに表示せれるエラー

どのようにしてアップデートするか

本題に入りましょう。
エラーが出るのにどのようにしてiOS 6をインストールするかという話です。
3つ方法があります。

1つ目は
iOSデベロッパーアカウントにする

できないなら登録すればいいという率直的な考えの人向けです。
iOS Developer Programはサイトを見ていただいたらわかると思いますが・・・年会費が\8,400
それでもいいというならどうぞ。

2つ目は
業者にUUIDをアクティベーションしてもらう

Googleで調べると出てきます。
主に海外の企業です。
だいたいアクチしてもらうだけなら7ドル(約600円)
プロビジョニング・プロファイルを作ってもらおうとすると15ドル(約1,200)
まあ安いですが、海外の企業のため信頼出来るものが少ないです。
もし詐欺だったら・・・orz
って考えると信じがたいです。

3つ目は
無理やりインストールする

今回紹介するものです。
当たり前ですがタダです。
しかし、Beta版ですし今回使う方法では個人設定が全て消えます。
それでも使ってみたい人はやってみてください。


実際に無理やりインストールしてみる


今回、海外のサイトを参考にしてやって行きたいと思います。



  1. iPhoneをバックアップしておく。
  2. iPhoneをiOS5.1.1に復元する。
  3. 新しいiPhoneとしてセットアップする。
  4. Apple IDで"この手順をスキップする"をタップしてセットアップを終わらせる。
  5. iTunesを起動させアップデートというボタンをShiftを押しながらクリックしてiOS6のipswを選択する。
  6. 待つ。
  7. 終わり。
ね、簡単でしょ。

ios6 ipswと書かれているものは各自で探してください。
即サーバーが落ちたりするのでぐぐってダウンロードしてください。

手軽にアップデートできますが、大切なデータがorz
戻すときはもう一度復元すればいいのです。そのときはバックアップから復元さしてください。
それでは、あなたもスカスカNewマップを体験してはいかがでしょうか。

質問はコメント欄にお願いします!

Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

Contact

何かをするブログでは皆様の質問を受けております。

メール:do_something@live.jp

ブログ内容の質問、相互リンクの登録全て受け付けています!
このメールアドレスはiMessegeでもいけますのでドシドシご意見お願いします!

Popular Post

Powered by Blogger.

- Copyright © 何かをするブログ - Metrominimalist - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -