2012/06/03

結局"Consumer Preview"と変わらない。

相変わらず、スタートメニューもなくなり完全にMetroでやっていこうっていう感じですね。
HDDでもわずか20秒ぐらいで起動・・・SSDはどのぐらいなんだろう(´・ω・`)

実際Windows7から何が変わったのか、メリットデメリットで紹介します。

メリット

  • 起動が早くなった。
  • Metroアプリというフルスクリーンのアプリケーションに触れれるようになった。
  • タイルが綺麗(笑)
  • ARM版が登場によりタブレットPCやUltrabook™が増える。
  • お手頃な価格でPCが楽しめる。

デメリット

  • スタートボタンや3Dフリップが廃止された。
  • Windows Media Centerの付属版にわかれた。
  • 以前のバージョンのアプリケーションの互換性がほとんどなくなった。
  • シャットダウンってどこ~?
デメリットのスタートボタンの廃止や互換性、シャットダウンは重症です。

シャットダウン対策はこの前記事にしたので見ておいてください。
スタートボタンも紹介したのでこちらも記事をご覧ください。
互換性はVirtual BoxやHyper-Vで何とかしましょう。

まあ、これらのことを考えるとWindows7のままにするっていうのも手といっちゃー手ですね。
速さやタブレットを意識するならWindows7のままにしておきましょうね。

Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

Contact

何かをするブログでは皆様の質問を受けております。

メール:do_something@live.jp

ブログ内容の質問、相互リンクの登録全て受け付けています!
このメールアドレスはiMessegeでもいけますのでドシドシご意見お願いします!

Popular Post

Powered by Blogger.

- Copyright © 何かをするブログ - Metrominimalist - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -