2012/06/26

投票総数 :233
賛成    :221
反対    :12

この結果をあなたはどう受け止めますか?
今からいかに書かれていること間違っていたらコメントでもメールでもいいので書いてください。

 

何をすれば罰則がくだされるか


 まずは、決まったことを見ていただきたい。
  1. CD及びDVDのコピーガード等の規制のかかったものを複製、リッピングした場合罰則がくだされる。
  2. 違法にアップデートされた音楽や動画を知っていながらダウンロードした場合罰則がくだされる。
これらの場合罰則がくだされます。しかし、みなさんが気になっているのは罰則とは一体どんなことがされるのかということです。

 

罰則について 


当たり前ですが、逮捕されます。
ダウンロードしてしまった人は2年以下の懲役又は200万円以下の罰金
アップロードした人はと言いますと10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金+損害賠償請求有

 

Installousについて


脱獄ユーザーが最も気になっているといえるのはInstallousじゃないでしょうか。
Installousの仕組みから説明して行きましょう。

まず、AppStoreから普通にAppをダウンロードするとします。
その際、使っているのはもちろんAppleのサーバーです。
Installousは、いろいろなアップロードサイトにあるためそのサイトごとを潰して行かなければいけないということです。
そもそも、iPhoneのAppはipaというファイルが使用されています。
実はそのipaファイルはzipファイルなんですね。
だからどうした!と思うかもしれませんが、まああまりいいたくありませんがファイル名を変更すればOKって言う可能性もあります。

 


iPhoneユーザーには大切なことなのですが、なぜこんな記事を書いたかといいますと。
皆さんやってるかもしれませんが、YouTubeやrarやTorrentファイルで音楽をダウンロードする人がいるかも知れません。
それを悪いまでは言いませんが法律のことも知ってほしいということです。
そして、ちょっとは国会のご老人たちもネットのことを知ってほしいですね。
消費税増税なども決めれない老人がこんなことだけ一致するというのがちょっと苛つきますね。

 

参考ページ

違法ダウンロード法(禁止法)まとめWiki

Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

Contact

何かをするブログでは皆様の質問を受けております。

メール:do_something@live.jp

ブログ内容の質問、相互リンクの登録全て受け付けています!
このメールアドレスはiMessegeでもいけますのでドシドシご意見お願いします!

Popular Post

Powered by Blogger.

- Copyright © 何かをするブログ - Metrominimalist - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -